●京都・猫専門ペットシッター●

お留守番の猫さんをお手伝い
↓【キャットシッターねこぷらす】
NEKO+のHP

お問合せ・お申込みは
コチラからどうぞ。

キャットシッターねこぷらす

Facebookページも宣伝

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

archives

selected entries

categories

links

           
ペットのおうち

いつでも里親募集中

PR







search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM
           
京都コロン10月号もお見逃しなく!!

JUGEMテーマ:ねこのいる暮らし

 

久しぶりすぎの更新で、ご無沙汰しすぎてすみません

 

元気です!ちゃんとお仕事してます!

 

まずはお知らせ

京都コロン10月分はコチラでWEB版が見られます!

もうすぐ11月に変更になるのでお早目に〜

 

 

今回のコラムの内容は人とのコミュニケーションについて。

 

こんな私でも、キャットシッターになりたいんです!

という相談を受けることがありますが

その時に言われることが

「人は苦手なんだけど猫は好きなんです」

とか

「人とかかわらない仕事をしたい」

 

そんなのムリムリ〜(><)

猫がシッターの依頼をしてくれるわけではありません

猫と暮らす「人」がNEKO+を選択して依頼してくれるんです

もちろん仕事当日は「猫」とお付き合いしますが

その前に、猫の家族である「人」とのお付き合いが重要です

 

人とのコミュニケーションが出来なければ

難しいのではないでしょうか?

 

実は…

以前から猫の保護活動のお手伝いを少ししていましたが

7月に保護活動されている方が体調を崩し

そこから猫の保護活動のお手伝いが増えました

 

私の場合は、猫のお世話に行くというよりも

猫の譲渡活動を中心とするため

譲渡対象の猫写真を撮ったり

猫の譲渡希望者さんとのやりとりが主な仕事です

1人の対象者さんと何度もメールのやり取りや

オウチへお伺いしたり…

 

そんな中で見えてきたのが

コミュニケーション不足によるトラブルです

 

猫の保護活動をされている方が多忙なのはわかります

たくさんいる保護猫のお世話

野良猫の捕獲や手術への搬送

地域猫へのゴハンそして猫相談etc

でもそれら「猫」のことを優先しすぎて

「人」とのことを後回しというか手を抜いて…

それが原因となり

うまくいくはずの譲渡が白紙になったり

起こる必要のなかったトラブルに

 

あげくに

「猫のことやってるから人になんかかまってられない」発言

 

そうじゃないよね?

そんな鬱々とした気持ちからのコラム内容だったかもしれません

 

エラそうに意見出来るほど

私自身コミュニケーションが出来てるとは言えませんが

そうじゃないよね?

そんな気持ちが多い毎日です

 

久しぶりの更新なのに

愚痴っぽくてごめんなさいm(_ _)m

 

| キャットシッター | 15:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - l - |
コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック